専門業者対応の必要性

トイレの詰まりが幸いにも一時的なアクシデントで、自身の処置で復旧した場合、これだけで安心して従来通りの使用を続けるのは、必ずしも正しい判断とは言えません。私達には確認が及ばぬ箇所で、何らかの故障やより深刻な状況となっている場合、再発時の被害が更に大きくなるのみならず、復旧工事にも費用面が更にかさんでしまうなど、悪しき展開となる可能性が無視出来ません。

専門業者そこで着目したいのが、緊急出動から現地対応を届けてくれる、トイレなどの水回り修理の専門業者の存在です。時と場所を選ばぬこのトラブルに対し、年中無休24時間態勢で営業中の専門業者であれば、豊富な経験値と確かな技術で、確実に原因を究明から最適な処置を施してもらえるので安心です。

また出張費や現状確認からの見積もり提示までは無料を謳う業者であれば、まずは緊急連絡を入れた時点で、現地で為すべき応急処置に関する指示なども電話越しに届けてくれます。家であれば家族全員が、会社などの施設であれば、出入りする関係者全員が、こうした緊急連絡先情報を共有する事で、トイレのみならず、水回りの深刻なトラブルが発生した際の速やかな初期対応が可能となります。まだ具体的な対策を講じられていないのであれば、まずはインターネット検索機能などを用い、最寄りのこうした専門業者の情報のチェックをお薦めします。

突然のトイレのつまり

トイレットペーパートイレつまりの原因として、大量のトイレットペーパーの使用か、あるいは本来流してはならない、水溶性ではない異物の存在が見過ごせません。前者の場合はたった1度がキッカケで詰まってしまうケースも見られ、十分な注意が必要です。

また後者に関しては、例えば髪の毛や水溶性で無いティッシュペーパーを流し続けた結果、排水管の奥深い部分に堆積から、限界点を超えて水が逆流してしまうケースなど、誤った知識が招いたトラブルと捉えられます。更に不運な展開として、トラブルが生じる直前のタイミングで正しくトイレを使用したにも関わらず、自身がトラブル発生の引き金を引いてしまう可能性もゼロとは言えず、トイレには常にリスクが潜んでいる現実を、私達は常に頭の片隅に置いておかねばなりません。

こうした状況に直面すれば、誰もが慌ててパニック状態に陥っても致し方ありませんが、やはり冷静な対処が求められます。焦ってタンクに十分な水が溜まり切らない段階で、繰り返しレバーを引き続けてしまう、とにかく現状放置からその場を逃げ出してしまうなどは、結果更に被害を拡大してしまい兼ねません。周囲に第三者が居る場合には、速やかにその旨を伝えた上で、使用禁止環境を応急確保する落ち着いた対処が望まれますが、なかなか難しいのも現状です。

水回りのリスクを知る

トイレの水回りトラブル未満の小さな出来事から、水道管が破裂して道路の下から一気に大量の水が噴きあがるような大きな事例まで、水回りのアクシデントの全てを挙げれば数え切れません。そしてこうした中でも、断じて他人事として避け切れないのが、トイレの水回り関連のトラブルに他なりません。何よりこうした思い出したくもない経験をお持ちの方は、潜在的に数え切れないに違い無く、一方でこうした体験がその後の教訓として、残念ながら活かされているとは言えない現状も見過ごせません

普段と変わりなく用を足した後にレバーを引き、いざその場から離れようとした次の瞬間、妙な異音に続いて便器内の水面が競り上がって来る、あの恐怖感は思い出したくない光景の筆頭格でしょう。とりわけこれが自宅で生じた場合、溢れた汚水が室内に及んでしまうなど、更なる被害の拡大も想定され、何よりトイレが使用不可状態となれば、日常生活そのものへの支障が半端ではありません。

ですがこうしたトラブルに関しては、何らかの兆候が見られていた、あるいは誤った使用を続けてしまっていたなど、人為的な原因の可能性が避けられません。ここでは以下、トイレの水回りのトラブルに視線を合わせ、その原因と適切な対処法についてご説明申し上げます。多くの方々が見落とされていた、あるいは間違っていたポイントの確認から、同じ状況を繰り返さぬ上でどのような対応が必要かなど、有事にお役立ていただける内容をお届けします。